式部桂子公式サイト

2018年3月9日 | カテゴリ:ブログ

こころの中で頭を抱える

こんにちは  

なかなか気候が安定しませんね。
日中は、部屋の中より外が暖かいこともありますが。
 
 
3月になりました。
早咲きの桜がみれました。
いつ見ても、桜はこころが落ち着く感じがします。
 
 
そうそう・・
こういう言葉の使い方も、
私の特徴なんです。
 
自分が見て、そう思っているにもかかわらず、
感じがします・・・という使い方。
自分が感じていることだから、
落ち着きます、とか、落ち着きますね、と、
伝える方が多いですよね。
 
けれど、私の場合は、意識しないと、
俯瞰した物の言い回し、言い方になります。
 
 
これに伴って、
自分の気持ちを表現するとか、
自分の思考や意見を話すとか、
非常に苦手です、難しいです。
 
誤解しないで貰いたいことは、
自分の中(内面)では、
沢山のイメージや五感で味わっています。
言語化が苦手。
自分の内面の状態を、
表せる言葉がないのです。
 
なので、出てくる言葉は、
ありのままです。
 
 
セミナーを受講してくださっている方で、
私と同じ部分を強く持っている受講生(Bさん)が、
このように言いました。
 
場面は、お母さんがハグを毎日してくることに、
Aさん 「ハグをすることは大丈夫でしょうか。」
Bさん 「たぶん、大丈夫だからしているのでしょうね」
 
 
Bさんの答え方・・
一般的な会話の答え方とは少し違っていると思います。
 
この答え方が、
捉え方や相手の気分が悪い時には、
「人ごとのように話すね、」
とか、
「自分のことだよ?」
とか、
「なにその言い方」と言われるパターンです。
 
自分はいつものように答えたつもりが、
相手の気分を害することが多く、
この流れが積み重なっていき、
そのまま引きこもってしまう。
 
 
こころの中では
 
 
 
自分が何をしたか?わからない
何故、相手が怒っているか?わからない
状況を判別できなくなる
すべてにおいてどうしていいか?わからなくなる
こころの中で頭を抱えてうずくまる・・・
 
 
けれど、周りからみえているのは、
無表情で、立ち尽くしている状態。
そう・・特徴として、
表情が表に現われづらいのです。
 
 
だれも教えてくれない。
聞き方もわからない
誰に聞けばいいかもわからない
聞けば相手は怒る
どうせ誰も教えてくれない
そして、引きこもる
 
 
 
こういう想いをさけるために、
誰にも会わず、話さず、
自分の中で会話をすれば、
波風立たず、平穏に過ごすことができる。
 
 
アニメやゲームの中であれば、
自由に自分で作り上げることができる。
空想の世界で自由にはばたける。
自分に都合のよい話し相手がつくれる
自分が唯一落ち着ける場所となる
 
そう思って、引きこもる人は多いのだろうと。
 
 
でも・・・人の根底は、
一人では生きられないし、
誰かと繋がっていたい。
(ゲームの中で友達作りをしている人は多いです)
それは、
遊ぶとか、一緒にいるとか・・
そういうことではなく。
 
 
人との繋がり、大丈夫という平安。
今の言葉を借りると 魂レベルの繋がり。
 
 
引きこもりがちになったときもあります。
自分がわからなくて、悶々としたときもあります。
自分がわからなくて、頭が破裂しそうになるときもあります。
 
でも、
自分が何故?そうしようとするのか?
自分が何故?そうなるのか?
これがわかってから、
軽度の引きこもり(笑)は、ありますが、
楽になりました。
 
 
同じような感覚を持ってらっしゃる方、
共感してくださる方、
これを読んで、
あ~同じような人がいるんだと。
おかしな、変なことではないんだと、
少しでもこころが軽くなるような
そんな感じて思っていただけると、
いいなぁ~と思います。

長くなりました。
では・・また。

  • お問い合わせ お気軽にご質問ください
  • サイモントン療法協会 公式メールマガジン購読申込み

facebook

twitter

カテゴリ